releve ballet studio  主宰 江積晶子のプロフィールをご紹介します。

江積 晶子 SHOKO EZUMI

東京生まれ。幼少よりクラッシックバレエを習い、教室内でアシスタントをつとめる。

1999年NOLアカデミー(エアロビクスダンスインストラクター養成学校)を主席で卒業。解剖学や筋肉構造について徹底して学ぶ。

2016年よりバレエ整体とアロマを学び、2018年バレエトランスレータ資格を取得

NBAバレエ団理事 西 優一氏に師事し、クラッシックバレエを研究する。

2010年よりロシア国立ペルミバレエ学校教師Dashtseren tlugaaに師事、現在、舞踊パートナー、教室ゲスト講師となっている。

守谷、自宅スタジオでのバレエ指導を18年続けている他、公民館、カルチャーセンター等で、初級バレエストレッチclass、大人のバレエサークルスワニルダを開講、フィットネスクラブでのバレエビクス等、  延べ2,000人を指導している。

舞台企画や自身の舞台活動にも余念がなく、年に十回以上の舞台をこなし、Ballet total puroducerとしても始動を開始している。

2000~2006年 パン・ケーキ等の講師資格取得

アイデア料理コンテストなど多数入賞経験を活かし、生徒の食事指導、ダイエット指導に役立てている